【日帰り手術可能】鼠径ヘルニアの症状に気づいたら計画的に治療を受けましょう!

日帰り手術可能。鼠径ヘルニア

【日帰り手術可能】鼠径ヘルニアの症状に気づいたら計画的に治療を受けましょう!



「脱腸」という病気を聞いたことがありますか。何度か耳にしたことはあっても、実際に脱腸がどのような病気で、どういった治療が必要になるのかイメージできる方はそれほど多くないのではないでしょうか。

脱腸は、正式には「鼠径(そけい)ヘルニア」といいます。成人になってから発症した場合、時間が経てば自然に治るといったことはなく、根治には治療が必要となる病気です。乳幼児が発症するケースもありますが、実際は40歳以上の中高年男性や高齢者など患者さんが多く、症状の段階によって痛みを伴うこともあります。

男性の患者さんが全体の約8割を占めていますが、妊娠や出産、多産がきっかけとなり鼠径ヘルニアを発症する女性も多いので、鼠径部や太ももの付け根あたりに違和感やふくらみ、しこり、こぶなどの症状を見つけたら、早めのうちに医療機関を受診されることをおすすめします。





 

鼠径ヘルニア(脱腸)は早期発見・治療が大事!



鼠径ヘルニアを発症する原因はまだ究明されていませんが、加齢に伴う筋肉や筋膜の衰えや、職業柄お腹に力を入れる機会が多い方など、鼠径ヘルニアになりやすい人の特徴として考えられていることはいくつかあります。

鼠径ヘルニアは乳幼児から成人まで、性別や年齢にかかわらず発症する可能性のある病気ですので、「鼠径ヘルニアかもしれない」「最近、太もも付け根にある腫れが気になっている」という方がいらっしゃいましたら、強い痛みがなくても早めのうちに医療機関を受診されることをおすすめします。

ここでは、鼠径ヘルニアの症状に気づいたときに早めに医療機関を受診されたほうが良い理由や、早期治療の重要性について紹介します。

 
・薬で治療することができない


早めに医療機関を受診されたほうが良い理由、それは鼠径ヘルニアが「薬で治療することができない病気」だからです。鼠径ヘルニアは、筋肉や筋膜が衰えたことで本来の位置とは違う場所に臓器の一部が出てしまう病気です。筋膜の衰える要因は加齢や生活習慣などいくつかありますが、一度衰えた成人の筋膜は運動療法や薬物療法で改善することができないため、鼠径ヘルニアを治すには手術が必要になるのです。
一時的な鼠径ヘルニアの対処法としてヘルニアバンド(脱腸帯)を使用することがあります。ただし、ヘルニアバンドで中途半端に押さえつけたことが原因で、内臓に負担がかかるなど悪影響を及ぼす危険性があることから、鼠径ヘルニア専門の医師の多くはヘルニアバンドの装着を勧めていません。
このように成人の鼠径ヘルニアは運動や薬、それにヘルニアバンドで症状を改善させることができません。そのため、現状では鼠径ヘルニアの治療は手術が基本であり、初期の段階で治療を受けたほうがキズも小さく回復が早いということから、早期診察・早期治療が勧められているのです。

 
・緊急手術は精神的に負担


鼠径部や太ももの付け根に腫れやふくらみがあるだけで、痛みはなく、手で押すと元に戻せる時期は鼠径ヘルニアの初期症状ですが、その腫れやふくらみが手で押しても引っ込まなくなり、徐々に痛みが強くなることがあります。これは、鼠径ヘルニアが「嵌頓(かんとん)」という状態になっていることが考えられます。
戻らなくなった腫れやふくらみは時間が経つにつれて大きくなり、締め付けられて血流が悪くなり、緊急手術が必要になることがあります。緊急手術の場合、心の準備もないまま手術を受けなくてはならないため、精神的に非常に大きな負担がかかります。特に、仕事が忙しくて長く休めない方にとっては、緊急手術を受けた後に入院生活が長引けば、どんどん社会復帰が遅れて精神的な負担が倍増します。
そういった不測の事態をできるだけ回避するには、鼠径ヘルニアの症状に気づいたらなるべく早く診察を受けることが大切です。鼠径ヘルニアの日帰り手術の場合、初診と手術日を合わせて最短2日で治療を受けられることから、そういった患者さんの精神的な負担を最小限に抑えることができます。

 
・キズが小さな日帰り手術は美容の観点からも安心


女性の鼠径ヘルニア患者数は年間で約2万人と言われています。全体的な割合でみると、男性の鼠径ヘルニア患者よりも低い傾向にありますが、女性の場合「嵌頓(かんとん)」になりやすい「大腿ヘルニア」を男性よりも発症しやすいと言われているので注意が必要です。
先ほども紹介しましたが、嵌頓(かんとん)になると緊急手術が必要になるなど、身体的にも精神的にも大きな負担になります。緊急手術により切開する部分が広範囲となる場合もあることから、手術後に大きなキズ痕が残ってしまうといった不安があります。
一方、鼠径ヘルニアに気づいたときに早めに診察や治療を受けていれば、腹腔鏡の日帰り手術を受けられる可能性が高いので、手術によるキズが小さくて済みます。成人の鼠径ヘルニアは手術による治療が必ず必要となるので、大きなキズを残さないためにもキズが小さな日帰り手術を受けられたほうが美容の観点からも安心なのです。

 
・医療費が安くなる


鼠径ヘルニアの治療は手術が基本となることから、高額な医療費がかかってしまうと不安を抱えられている方も多いようです。鼠径ヘルニアの症状が悪化して緊急手術が必要になった場合や、従来の手術法でしか処置できないといったような場合は、日帰り手術を適用できないので、最低でも1週間、長ければそれ以上の入院生活が余儀なくされます。そして、入院の日数が長くなればなるほど医療費が高くなるので、患者さんの経済的な負担が大きくなります。
一方、早めに診察を受けて日帰り手術を受けることができれば、手術当日に帰宅できるので、入院費がかかる心配もなく、経済的な負担も最小限に抑えることができます。






 

忙しい方こそ計画的に治療を受けましょう!



「仕事や家事が忙しくて今すぐは治療を受けられない」といった理由から鼠径ヘルニアの治療を先伸ばしされている方も少なくないようです。ただ、鼠径ヘルニアの症状を放置したことが原因で危険性が増せば、それだけ治療にも時間がかかってしまうので、忙しい方にこそ「計画的に治療を受ける」ことをおすすめします。
術中完全無痛と腹腔鏡を組み合わせた「鼠径(そけい)ヘルニア日帰り手術」は、手術を受けたその日のうちに帰宅できることから、忙しい患者さんにこそ選ばれている治療法です。鼠径ヘルニアの治療に必要な手術日と、その前の診察と事前検査を受けるための日を確保できれば、長期の休みが取れなくても鼠径ヘルニアを早い段階で治療することができます。
初診から手術当日までの待機時間は1週間ほどですが、約2週間前までに診察の予約を入れておけば時間に余裕を持ってより安全に治療を受けることができますし、心の準備をした上で治療に臨めます。

 
休日に限りがある時は早めに相談!


連続した休みが取りづらい方や、休日に限りが有るという方は、一度鼠径ヘルニアの日帰り手術を行っている医療機関に相談してみてください。祝祭日は原則休診日としている場合でも、休日が限られている患者さんの希望に応えられるように、休診日に手術日をもうけている場合があるからです。また、休みを取れる日がすでに確定している方は、その日に手術が可能かどうか初診を予約する時点で確認して、必要であれば予約を入れておいた方が安心です。

鼠径ヘルニアの症状に気づいている方の中には「はじめての手術で不安」、「診察を受けるのが恥ずかしい」といった理由から、診察を受けることなく症状を放置してしまう方がいます。
運動療法や薬では改善されず、手術による治療が必要な鼠径ヘルニアは、放置した期間が長く、症状が悪化しているほど大がかりな治療が必要になる病気です。
そのため、症状を放置したことで生じる危険なリスクを未然に防ぐためにも、できるだけ早く専門の医療機関で診察を受けて「計画的に治療を受けること」を強くおすすめします。








  西宮市・宝塚市で産後骨盤矯正

西宮市・宝塚市で交通事故治療

西宮市・宝塚市で肩こり治療



西宮市・宝塚市で腰痛治療

宝塚市・西宮市の整骨院